シミウスとシミトリー比較

この記事では美白(※)オールインワンジェルのシミトリーとSimiTRY(シミトリー)を比較した記事をまとめます。

 

(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

 

シミトリーの主な美白有効成分はハイドロキノン誘導体、シミトリーの美白有効成分はプラセンタエキスということで、お肌の美白へのアプローチが違うのですね。
他にも、エイジングケア成分や、価格などの違いもまとめていきます。

 

ぜひ両者の違いをチェックしてお肌に合うほうを選びましょう!

 

シミトリーとシミウスを5つの項目で比較!

 

シミトリーとシミウスを、次の5つの項目で比較していきたいと思います。

 

  1. 美白有効成分
  2. エイジングケアの有効成分
  3. 刺激成分
  4. 価格
  5. 返金保証

 

1つずつ見ていきましょう!

 

@シミトリーの美白有効成分はハイドロキノン誘導体!シミウスはプラセンタ!

 

成分 シミトリー シミウス

美白(※)有効成分

 

(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

ハイドロキノン誘導体(アルブチン)
トラネキサム酸
カンゾウフラボノイド
グリチルリチン酸ジカリウム

プラセンタエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
3種の天然発酵由来成分

 

シミトリーとシミウスの含まれてる美白(※)有効成分は、種類が違います。

 

(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

 

シミトリーに含まれているハイドロキノン誘導体(アルブチン)は、メラニン色素をつくるチロシナーゼという酵素の活性を抑える働きがあり、これからできるシミの予防を目的としています。

 

また、トラネキサム酸はメラニン発生の要因のひとつと考えられるメラノサイト活性化因子「プラスミン」をブロックし、シミの発生を抑えます。

 

シミウスに含まれているプラセンタエキスも、チロシナーゼの活性を抑える働きがあり、予防に効果があります。

 

また、グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用があるため、シミの発生を抑える働きがあります。

 

シミトリーもシミウスも、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ成分はしっかり含まれていますね!

 

Aシミトリーの保湿成分はフラバンジェノール!シミウスはセラミド!

 

成分 シミトリー シミウス
保湿成分

2種類のビタミンC誘導体
フラバンジェノール

ヒト型セラミド3種
コラーゲン
5種の植物由来エキス(シコンエキス etc.)

 

シミトリーの最も注目すべき保湿成分、フラバンジェノールは松の樹皮から抽出する成分で、ポリフェノールを豊富に含み、女性の肌を若々しく保つ力を秘めています。
抗酸化作用があり、ビタミンCの600倍ものパワーがあると言われています。

 

シミウスは、エイジングケアで有名なシコンエキスは、肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)を整え、メラニンを排出させます。
江戸時代、有名な医師がやけどの治療にも使っていたというとおり、紫外線による肌のダメージを治す効果が認められているんですね。

 

薬用化粧品にも含まれている美白(※)有効成分は、肌を乾燥させてしまう傾向があります。
そのため、しっかりと保湿成分も入っています。
エイジングケアには保湿が何より大事ですので、しっかりチェックしましょう!

 

(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

 

シミトリーもシミウスも、しっかりと保湿成分が入っているので安心して使えそうです!

 

Bシミトリーの刺激成分はハイドロキノン誘導体・シミウスはエタノール

 

成分 シミトリー シミウス
刺激成分 ハイドロキノン誘導体 エタノール

 

シミトリーには、ハイドロキノン誘導体(アルブチン)が含まれています。
肌への刺激が強いハイドロキノンと違い、ハイドロキノン誘導体(アルブチン)は肌への安心性も高く使いやすくなっています。
また、シミトリーには美白(※)有効成分でもあるトラネキサム酸がには抗炎症作用があり、肌荒れを防いでくれるので安心です。

 

シミウスに含まれている刺激成分は少量のエタノールですが、シミウスにはヒト型セラミド、コラーゲンなどの保湿成分も入っています。
また、美白(※)有効成分でもあるグリチルリチン酸ジカリウムは、“肌あれ防止有効成分”としても承認を受けています。

 

(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

 

シミトリーとシミウスは、全ての化粧品に含まれているような少量の刺激物質は入ってはいますが、肌への刺激を抑える成分もしっかり含まれているので心配することもありません。

 

C価格で選ぶならシミトリー!

 

シミトリー

シミウス

 

定価

5,478円

5,217円


60g(30日分)

60g(30日分)

定期便初回
(送料無料)

1,980円

4,174円

定期便2回目以降
(送料無料)

3,980円×2 (7,960円)
※2回目以降は60日ごとに2個ずつお届け

4,174円

初回特典

@初回 63%オフ価格の1,980円

 

A2回目以降も毎回27%オフの3,980円(60日ごとに2個ずつお届け)

@初回限定 スペシャル特典セット1.薬用ホワイトニングジェルEX  +2.UV美容液(1か月分)3.プレミアムマスクパック(3日分)つき
                             
A2回目以降も毎回20%オフの4,174円

 

シミトリーとシミウスの定期便価格の比較では、シミトリーのほうが軍配があがりました!

 

シミトリーの定期便初回は、63%オフの1,980円。そして、2回目以降は27%オフの3,980円で購入できます。
シミトリーの場合は2回目から2ヶ月に一回の配送で2個ずつに変わります。

 

シミウスの定期便初回は20%オフの4,174円。

 

半年(7か月)で、シミトリーは25,860円・シミウスが29,218円という結果が出ました。
シミトリーもシミウスも量が同じ60gなので、シミトリーのほうが7か月間で3,358円お得感が出ますね!

 

シミトリーとシミウスの初回特典を比較してみると、シミトリーの初回特典は、63%ものオフ価格です。
これはかなりお得ですね。

 

シミウスの初回特典は、薬用ホワイトニングジェルEX 以外に、UV美容液(1か月分)(4,180円)とプレミアムマスクパック(3日分)(1,980円)がセットでついてきます。

 

割引を重視したいとなればシミトリーとなりますね!

 

 

 

Dシミトリーの返金保証は14日以内・とシミウスの返金保証は30日以内

 

シミトリー シミウス
返金保証期間 到着後14日以内 到着後30日以内

 

シミトリーの返金保証は、商品が届いてから14日以内に連絡、シミウスは30日以内に連絡する条件となっています。
どちらも、電話のみの受付、容器の返却も条件になっています。

 

シミウスのほうが、商品到着後の保証期間が2週間ほど長いことになりますね。
シミトリーは定期便初回価格が63%オフとなっているので、短めに設定しているのかもしれません。
いずれにしても、到着後は放置せずすぐに試用してみることが大事ですね!

 

 

シミトリーとシミウスをおすすめする人

 

シミトリーとシミウスをおすすめする人をまとめます。

 

ご自身にはどっちが合うのか、こちらの内容を参考にしてくださいね。

 

シミトリーをおすすめする人

 

  • フラバンジェノールを含んだ化粧品を使いたい人
  • ハイドロキノン誘導体を含んだ化粧品を使いたい人
  • より割引価格でお試ししたい人

 

注目のエイジングケア成分、フラバンジェノールの高い効果が期待したい人や、より割引制度を利用して使い続けたい人はシミトリーがおすすめです。
フラバンジェノールの天然ポリフェノールで年齢肌のダメージにパワーを発揮し、透明感でハリのある肌に導きます。

 

 

 

シミウスをおすすめする人

 

  • お肌のターンオーバーを活性化したい人
  • マッサージで効果を引き出したい人

 

シミウスに配合されている5種の植物由来エキスが肌のターンオーバーを整えてくれるので、エイジングケアにも効果的です。
マッサージしながら使うことでより効果が増し、肌にハリを与え引き締めてくれます。

 

 

シミトリーとシミトリーの比較まとめ!

 

美白(※)オールインワンジェルのシミトリーとSimiTRY(シミトリー)を比較した結果をまとめます。

 

シミトリーとシミトリーは有効成分が違うことから、自分の肌により合っているほうを選ぶのが正解です。

 

(※)メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ

 

保湿・エイジングケアに有効な含んだ化粧品を使いたい人はシミトリー
よりお得な割引価格で使い続けたい人はシミトリー

 

プラセンタエキスでターンオーバーを促したい人はシミウス
マッサージで効果を引き出したい人はシミウス

 

シミトリーもシミウスも、決められた量を、一定期間をきちんと使い続けることで効果を感じられることは同じですね。
透明感のあるお肌を目指して楽しくスキンケアしていきましょう!

 

 

 

 

トップへ戻る